手動から電動に変更|明朗会計で安心|シャッター修理はプロにお任せ

手動から電動に変更

道具

防犯上便利なシャッターですが、手動式は労力を必要とします。開けるにしても一度屈み、上までしっかりと開ける必要があります。また、閉める際にも屈む必要があるので腰の悪い人には大変なものです。しかし、最近は電動式のシャッターが普及しているため、導入を検討してみるのが良いと考えられます。電動式であればボタンを押すだけで開閉が自由に行なえるため、無駄な労力は必要いりません。中には鍵を差し込んで開閉を行なうタイプの電動式シャッターも存在するのですが、これも操作が簡単なため便利といえるでしょう。手動から電動式に変更する場合、専門業者に依頼することで簡単に変更してもらうことが可能です。しかし、大きさなどによっては変更出来ないという場合もあるのでまずは問い合わせて確認してみましょう。

シャッターの変更をする際、専門業者に問い合わせるのですが日時を決めてから現地に確認しに来てもらうことになります。実際に見てもらい、大きさなどを測ってもらうことで変更が可能かどうか知ることが出来るでしょう。また、変更が可能であれば再度スケジュールの確認をしてから施工日を決定します。確認で業者が訪れた際、見積もりも一緒にとってもらいましょう。見積もりで費用を把握することが出来るので、事前に準備することが出来ます。その他にも、クレジット支払いが出来るのであれば分割を選択することも場合によっては可能なため、一回で大きな金額を支払うことを避けられます。